« 僕の最大の資産は、過去である。 | トップページ | 超ジャンパーのノミを箱にしまったら? »

2009年7月24日 (金)

僕的、軽井沢の過ごし方。

魅せ方プロデューサー
こだわり社長です。

いつも本当にありがとうございます。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・

ついに来週です!!

ブランド化することで、すべてを変えられる!

詳細: http://www.kodawari-ceo.jp/seminair/

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・

先日の
3連休は
軽井沢に行ってきました。

現地での
移動は
すべてチャリンコ。

これなら
信じられないくらいの
渋滞も
一切関係ありません。

コケ

白樺

松の原生林

抜けて
風を
感じながら疾走。

本当に
過ごしやすい時期で
『避暑地』と
言われる軽井沢的な
癒しを全身で
満喫してきました。

と、
言いたいところですが
今回の
軽井沢に
行った理由こそ、

 『 碓氷峠頂上をロードバイクで目指す! 』

1日目、

まだ
朝靄に覆われた
早朝、
出発しました。

目指すは、
見晴台を言われる
碓氷峠の頂上。

僕は
完全にナメてました。

朝食も取らず、
鼻歌交じりで
臨みました。

目の前には
人生で
経験したこともない
坂、坂、坂。

カーブの先が
見えたと思ったら
さらに先まで伸びる
坂、坂、坂。

おそらく、
スキー場のゲレンデなら
中級者クラスの斜面を
自転車で登るイメージ。

一度、
足を地面についたら
勢いが付かない分、
自転車をこぎ直すことが
できないくらいの
檄坂。

最初の勢いもむなしく・・・

坂の半分くらいで
足をついてしまいました。

頭の中は、
マイナスイメージ
に満たされました。

 『俺、軽井沢に来て何やっているんだろう・・』

 『これって、何の意味があるの?』

 『誰も見てないし、降りちゃえ。』

 『この斜面は、僕以外だって無理だろ・・』

そして、
絶好の避暑地
軽井沢にまで
わざわざ来て、
バカみたいなことを
たった一人でやっている
自分に
腹が立ってきました。

そして、
僕は
おもむろに
自転車の向きを
変えて
来た道を
引き返しました。

さっきまで
たった1メートルに
悶えていた道が
あっという間に
駆け抜けている。

降りながら
僕は、
ふと考えてしまいました。

 『人間、こうやって諦めて、

  人間、こうやって諦め癖がつき、

  人間、いつしか挑戦自体をしなくなるのでは?』

僕は
怖くなりました。

その後、
軽井沢の街を
観光で廻り、
美味しい料理を食べ、
大自然を肌で感じましたが、
心はどこか、空虚。

軽井沢まで来て、
軽井沢らしい過ごし方を
しているのに、
心はどこか、ぽっかり穴が空いた気分。

あんなに、
つらく、

あんなに、
意味ない行為と思ったのに、

2日目に
僕は、また挑戦してました。

2回目の挑戦は、
たったひとつだけ
ルールを課しました。

そのたったひとつの
ルールとは・・・

 【 途中、自転車からおりても歩いてでも頂上を目指す。 】

案の上、
途中で
自転車をおりました。

場所は
昨日よりも
遙かに登ったのに、
まだ、
まだ、
まだ、、、、
坂が延びている光景を
見て、
自転車をおりました。

でも、
僕は、迷いも
僕は、いらだちも
僕は、疑問も
一切、
心に浮かんできませんでした。

ただ、

自転車を押して歩き始めただけです。

ロードバイクの
特性でもある
ビンディングシューズが
非常に歩きづらかったです。

でも、
僕は、迷いも
僕は、いらだちも
僕は、疑問も
一切、
心に浮かんできませんでした。

そう、

僕は自転車を押して歩き続きました。

頂上まで、あと○○キロ
という
立て看板に勇気をもらい、

頂上に近づいている
山の様子に励まされ、

僕は
ついに、

頂上に到着しました!!

 

人は
なぜ、山に登るのだろうか?

ヘリコプターでも
頂上という目的は果たせるのに・・・

人は
なぜ、自ら辛いことを課すのだろうか?

そこには
収益も一切生じないのに・・・

僕は
思います。

 【 たった一瞬の喜びと、達成感のため 】

おそらく、
僕は来年も
おなじ坂を
自転車で登るだろう。

次の目標は
最後まで
足を付かずに登り切る。

大したことのもない、
小さな目標かもしれない。

もっと軽井沢には、
楽しいことがあるかもしれない。

でも、
おそらく、
来年もまた登るだろう。

だから、
生きていて
毎日、楽しんだろうね。

魅せ方 + 受け皿 + 出口 = 集客。

  http://www.kodawari-ceo.jp/seminair/

----------------------------------------------------------

今日の成功統計学:

観光地で楽して楽しもうとする選択肢が確実に目の前にはある。

それでも、自らつらいことを選択するのは、

辛ければ辛いほど、振り幅が生じて、喜びの度合いが強い。

今、どんなに辛くとも、坂を戻ってはいけない。

今、どんなに足をつきたくても、振り返ってはいけない。

歩いても良い、立ち止まってもいい、座り込んでも良い。

でも、その後に、前に進もう。ゆっくりでいい。

確実に、頂上はあるのだから。

----------------------------------------------------------

           最後まで読んでいただき感謝いたします。

==========================================
  □ 今月の株式会社レバレッジ □ 

■■■ブランディング集客!セミナー■■■

こだわり社長のブランディング集客セミナー

~すでに100名以上の経営者が実行したブ
               ランディングの底力~

『今の時代こそ、「魅せ方」で自己ブランドを構築する』

求められる人、求められる会社、求められるサービス。
すべてに共通していることこそ、
『魅せ方』が戦略的にできている。

なぜ、レバレッジは魅せ方にこだわり続けるのか?

なぜ、こだわり社長は赤にこだわり続けるのか?

なぜ、魅せ方が変わると利益率が上昇するのか?

なぜ、転職や就職における魅せ方マニュアルが存在するのか?

実際に、100名以上の経営者や起業希望者において
魅せ方ブランディングが実行され、数多くの成功例を
排出しております。
その事実と事例のみをピックアップして、ケーススタディで
成功例の根拠とノウハウをお話致します。

日時 2009年7月28日 火曜日
   20時 ~ 22時(受付 19時45分~)
場所 東京都渋谷区渋谷1-6-8 渋谷井上ビルT's SALON 3F-A
定員 40名様
講師 株式会社レバレッジ
   魅せ方プロデューサー 兼 代表取締役こだわり社長 
   只石 昌幸

詳細 http://www.brand-produce.jp/seminair/

参加費
セミナーのみ7,350円(税込み)
後日体験ブランディングセッション付き 31,500円(税込み)
   ※体験ブランディングセッションは只石昌幸による90分の
        個別セッションとなります。
        マンツーマンで確固たる個人ブランドを引き出します。
        セッションの日程は調整いたします。

お申し込みフォーム
http://www.brand-produce.jp/seminair/

■交流会のお知らせ■

『~笑顔と出逢いを召し上がれ~』

次回は・・・

8月29日(土)を予定しております。

久々の土曜日開催です!!

また、出逢いと笑顔が入り交じる日を・・・

【すべての過去開催の交流会レポート】
http://www.kodawari-ceo.jp/party/

【オフ会の十戒】
http://www.lev.co.jp/off/

==========================================

人は何度だって生まれ変わることができる。

そのきっかけは、
一人の人間との出逢いかもしれない。
一冊の本との出逢いかも知れない。

もし・・・
この『こだわり社長レター』がきっかけになるのであれば、

明日からの変わろうとする貴方の勇気と共に歩みたい。

        ありがとうございます!

          魅せ方プロデューサー こだわり社長

いつも、皆様からの応援メッセージには
心から励まされております。

こだわり社長へのご質問・ご意見は
このメールをそのままご返信いただければ
送信できます。
スケジュールの関係ですべてのメールに
返信はできないかもしれませんが、
確実に、すべてのメールは真摯に拝見しております。

ぜひ、
夢を信じてやまない友人や最愛の人に
こだわり社長レターをご紹介ください。

  ご友人の方が、配信登録するには
http://www.lev.co.jp/mail-magazine/index.html

 
 こだわり社長レターの過去バックナンバー
http://www.lev.co.jp/back_number/index.html

  『一人一人が積極的に生きれば、日本は絶対に変わる!』

なお、
こだわり社長レターの文章を、
ブログ・ミクシー・HP等々で
転記するのは、ご自由にどうぞ。

今日まで、
本当に多くの方々のブログやミクシーにて
ご紹介いただいております。

『コピーライト』的な考えは僕にはありません。

どんどん、
コピーしてご使用ください。

僕だって、しょせん、
成功者からいただいたありがたいお言葉を
書かせてもらっております。

ただ、
転記の際は、出典元URLだけは明記してください。

【出典元URL】こだわり社長レター:
http://www.lev.co.jp/mail-magazine/

Topmm_200x70_2
こだわり社長が配信する「夢を叶えるメルマガ」

---------------------------

株式会社レバレッジ 

代表運営BLOG『こだわり社長は極上グルメと夢を追い求める!

ビジネスコーチ コーチング 本気じゃんけん

採用サプリ こだわりアカデミー 社長の十戒
経営者が一番社員に読ませたいメルマガ

|

« 僕の最大の資産は、過去である。 | トップページ | 超ジャンパーのノミを箱にしまったら? »

こだわり社長メルマガ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1025974/30757101

この記事へのトラックバック一覧です: 僕的、軽井沢の過ごし方。:

« 僕の最大の資産は、過去である。 | トップページ | 超ジャンパーのノミを箱にしまったら? »