« 一番のリスクは『出来ない理由』ばかり考えること。 | トップページ | ニンゲン vs 最新鋭ロボット。 »

2008年1月22日 (火)

真似の美学

いつもありがとうございます。


一番、

絵がうまくなる秘訣ってなんだと思いますか?


模写をすることです。
しかも、
徹底的にね。



一番、

ゴルフがうまくなる秘訣ってなんだと思いますか?


プロのスイングを真似ることです。
しかも、
納得するまでね。



一番、

料理がうまくなる秘訣ってなんだと思いますか?


プロのレシピにひたすら従って料理を作ることです。
しかも、
できるまでね。





では・・・


 『 一番、成功に近づく秘訣は? 』


もう、
質問の方向性で
わかりますよね。


 『 成功者になりきることです。 』

そう・・・徹底的に。





僕は、
サラリーマン時代は、
上司の仕事を真似、
同僚のやり方を真似、
会社の方針を真似ようとしてました。

でも、
独立して
成功者に言われました。

 『 仕事だけ真似ていてはダメだ。

        成功したければ、その人になりきれ!』

最初は
何を言っているのか
わかりませんでした。

成功って
ビジネスで手にするものだから、
ビジネスだけ真似ていて
何がいけないの?

でも、
当時の僕には
何もなかった。
当然、
失うモノも。

だから、
言われるがままに・・・

 生活も、

 読む本も

 食べ物も

 飲み物も

 言い回しも

すべて真似しようとしました。
もちろん、
お金がある成功者

お金がない僕
とでは使えるお金に差があります。

だからこそ、
僕でも、
できることを見つけては、
できることはすべて真似しようとしました。

究極的には、
息づかい
ですら・・・



今の僕は
決して
成功したとは
まだまだ言えた
存在ではない。

でも、
成功者を真似することを
続けてきて気づいたことがあります。


 『成功って、ビジネスのやり方ではなく、考え方だ!』


だって、
今、
サイバーエージェントの藤田社長の
ビジネスを真似しても、

今、
松下幸之助の
歩んできたビジネスを踏襲しても、

成功できそうですか?



これが、
僕が本から得る知識は
メチャメチャ効率的で
絶対に必要な知恵だけど、
それだけでは、
成功できないと感じ、
一人でも多くの成功者に
直接会おうとする
理由です。



もし、
尊敬できる人が
周りにいたら
何かひとつでもいいので
その人の
生活スタイル

態度

服装
を真似してみてください。

僕は
オリジナル

個性
を追う前に
そんなモン捨ててもいいから、
と言う考え方で、
トコトン真似に走りました。


ほっといても・・・

ひとりの力でも・・・

ましてや、真似なんかしなくても・・・

成功できる人は
真似することなんて
しなくても良いと思う。
だって、
基本的に
真似ってかっこ悪いからね。


でも、
どこの美術館に行っても、
一生懸命に
模写をしている
美大生を見ていると、
決して、
経営者として未熟な僕には
真似することが一番
似合っている気がする。


今の僕なんて、
かっこ悪くてもいい。

僕は、
将来、
格好良くなりたいだけ。



                      こだわり社長


ぜひ、夢を信じてやまない友人や最愛の人に
こだわり社長レターをご紹介ください。

  配信登録するには
http://www.lev.co.jp/mail-magazine/index.html

紹介できる方が多くいらっしゃるって最高に
幸せな人生だと思います!

  『一人一人が積極的に生きれば、日本は絶対に変わる!』

Topmm_200x70_2
こだわり社長が配信する「夢を叶えるメルマガ」

---------------------------

株式会社レバレッジ 

代表運営BLOG『こだわり社長は極上グルメと夢を追い求める!

ビジネスコーチ コーチングセミナー

|

« 一番のリスクは『出来ない理由』ばかり考えること。 | トップページ | ニンゲン vs 最新鋭ロボット。 »

こだわり社長マインド」カテゴリの記事

こだわり社長メルマガ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1025974/20254416

この記事へのトラックバック一覧です: 真似の美学:

« 一番のリスクは『出来ない理由』ばかり考えること。 | トップページ | ニンゲン vs 最新鋭ロボット。 »